自分の実力試そうよ!
自分の実力試そうよ! 留学や海外ビジネスで海外に出る前に 日本人なら、読んでおきたい!


PROFILE
アリクラ
  • Author:アリクラ
  •  チャレンジャーコンサルタント。
     
    自らの経験を元に
    チャレンジを支え、成功させる。

    アメリカ・中国と2ヶ国留学・ビジネスを
    経て現在に至る。


    <strong>日本の将来を救う為、
    現在は中国シ
  • RSS


  • CALENDER
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ


    RECENT ENTRIES
  • 出版関係者様。 是非ご覧下さい。(07/05)
  • 先日、中国人の彼女と別れました。(07/04)
  • 謝らない奴が謝ると、なんでもする。(07/03)
  • 出版関係者様。 是非ご覧下さい。(07/02)
  • 中国人の日本人に対する偏見(07/01)


  • RECENT COMMENTS


    RECENT TRACKBACKS
  • BigBan:<% rtrackback_title>(05/05)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline:<% rtrackback_title>(05/05)


  • ARCHIVES
  • 2005年07月 (5)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (32)
  • 2005年04月 (10)


  • CATEGORY
  • 未分類 (3)
  • ひとり言で英語・中国語を極める。 (23)
  • これが、中国だ。 (13)
  • 白人社会を叩き潰した誇り高き日本人。 (3)
  • 留学・語学学習前に、これだけは読んでおきたい。 (11)
  • 中国生活これが困った! (8)
  • アメリカ生活 (1)
  • アメリカと中国ここが違う。 (1)
  • ひとり言で極めるメルマガ (1)
  • 語学学習・留学前に読んでおきたいメルマガ (1)
  • デッカク稼ぐ!中国株! (5)
  • 中国・アメリカグルメな話 (1)
  • ちょっと為になる本の話 (1)
  • 出版関係者様。 是非ご覧下さい。 (5)
  • 目標って、どうすれば? (0)


  • LINKS
  • メルマガサンプル
  • シンセンエクスプローラー
  • 今日のお天気は?
  • 今週のお天気は?
  • 発音の基本
  • 勉強しながら、お天気もチェック
  • 中国情報なら
  • メルマガ語学学習留学これだけは読んでおきたい。
  • やっぱり聞きたい、日本のラジオ
  • 今日の日本は?
  • 世界22カ国の言葉でニュースを
  • お買い物は
  • 中国関係ブログ
  • ブログランキング
  • 人気blogランキング


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    日本が大人としての風格を見せた。
        8月までに、


    中国語を納得の域まで

       
        マスター。




     今日も、いつもと変わらず平和なシンセン。

     金曜日の小泉首相の村山談話を引用した反省には
    大変大きな意味があると思う。

     日本が、オトナの国としての風格を現した。
    中国側の動きに世界中が注目し始めた中、
    これだけ大きな国際会議の場で大人としての反省を
    先に打ち出したのは、中国政府に対して大きな打撃だろう。


     国際会議の場で謝罪した以上、日本のメンツを考えれば
    中国側がこれ以上日本側に対して、歴史問題についてドウコウ
    言う様であれば、それこそ中国の幼さを世界中にサラケ出す形になる。


     また、小泉首相は、昨日の胡錦濤国家主席との会談でも
    ワザワザ、中国側のメンツを重んじ、胡錦濤国家主席の
    いるホテルに出向くという形をとったのも、オトナの国としての
    対応を見せた事になるだろう。


     中国側は、いまだに
    「言葉だけでなく、態度で示せ」
    とボヤついて、悪あがきしているが、
    これ以上の悪あがきは、国際社会に対してみっともない。


     すでに
    フィナンシャル・タイムスを初めとする欧米のメディアの中では
    「いい加減に、昔の事はいいじゃないか。
     日本の対応を受け入れなさい。」

     などという声も上がっている。


     いつまでも、昔の事に拘っていては、話がウマく未来に進まない。
    とても、意味の少ないことだ。

     たとえば、アメリカと日本のトップ会談などでも

    「では、まず、真珠湾攻撃の謝罪を求めたいのだが・・・」

    「いやいや、こちらとしては、
    ハルノートに対する見解を伺いたい。」

    何てこと、いつまでもやってないでしょ。

     こういうオトナの付き合いを、
    中国は見習わなければならない。


     いずれにしても、今回は2000年の歴史を持つ日本が、
    まだ55才の中国に対して、オトナとしての風格を見せた。

     
    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    【2010/07/14 16:08】 | #[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。